ふしぎ子の早慶高校→都立?受験チャレンジ

2021年受験 ふしぎ度強め女子の無謀チャレンジ記

突然のスランプ

併願優遇校の候補校の、リアル学校説明会に行ってきました。
まだ内申は確定していませんが、期末テストの点数を見て、ほぼ併願優遇の規程内申に届くのではないかと思い、なんとしても直接学校に行き、通学路など確認したかったのですが、すでに9月に説明会日程を発表したすぐの時点で、満席状態。

私立高校は『mirai compass』という予約システムを使用されていますよね。
意外にですね、期日間近になるとキャンセルが出るようです。
もう早朝から夜中までちょくちょくチェックしまくって、なんとか席を確保出来ました。

行ってみると、本人はすごく気に入って、都立は受けないで、第一志望がダメだったらここにしたい!と言い出すくらい。
ステキな学校でした。
今週末にわかる内申、取れていますように。。


先日の衝撃的な最悪だった偏差値のショックは、まだ母には突き刺ささたままです。
しかも、第2弾で駿台模試も悪かった模様。

ここに来ての突然のスランプは、どうやら試験中の時間配分が上手く行っておらず、ワタワタ慌ててしまい、8割以上が回答出来ている問題もボロボロ落としている結果である、という事が見えてきました。
では、ワタワタせず、実力を出し切るにはどうしたらよいのかを、本番までに探し当てられるかが、勝負になってきそうです。

数学では、大問の中の気づき情報をフル活用すれば、解法が見えてきそう!と。
この大事な期末でも、三角形の高さを聞かれているのに、時間のない中、ご丁寧に面積を出すというミスを相変わらずしている状態。。。
解く前に、何を聞かれているのか、確認。
回答を書いた段階で再度何を聞かれていたのかを確認しよう、と。

自滅型のふしぎ子。
時間が足りない!と焦って出来る問題も落としまくった、11月の2回の模試。
まずは、腹を据えて今とりかかる問題を取り切る!を目標に。
それで時間が足りなくなってもヨシ、と腹をくくること。
難問を避ける眼力は備わっており、選択に間違えはないようなので、難問は堂々と捨てなさい!
但し、英作文、国語作文は捨てずに、貰えるだけ加点を取りに行こう、と。
その時に、どの要素を盛り込めば加点を貰えるのか意識しながら、書くようにする。

第2志望は都立なのに、まだどの学校に決めきれていない状態。
まず、この地域のトップオブトップ、日比谷高校の過去問をやってみたら、な、な、なんと50点足りず。え?
見てみると、理社は勉強していないので対策をすれば10点づつは上がるでしょう。あと30点足りないのは??
やっていました、、。また数学の大量失点と、国語作文の諦め放棄。
これらが取れてくれば40点。
これで合格に届くという感覚を持って、今度は戸山高校の数学にチャレンジ。平均の15点超えはしましたが、あと10点取れました。だってルートの書き忘れ、とかですよ。ホントにもう!
英語でどの位余裕を持って取れるかで合格ラインに届くかどうかが分かりそうです。
都立高校は、書かせる問題が多いですね。
今までやっていた私立対策とは違う視点が必要です。ま、私立対策ばっかりしててもスランプだし、視点を変えてみるのも良いかな。
今週は、各校の過去問チャレンジを継続してゆきます。

さぁ、12月。あと70日の頑張りを見守りたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!

大暴落!

今日は前置きを書く余裕もありません。。

今月の塾内で行われたアドバンス模試の結果。
なんと偏差値が15以上のだだ下がり。
はい。平均偏差値50以下、平均以下です。(T.T)

つい先日、担任の先生から成績は安定している、とのお言葉をいただいたばかりなのに。
選抜クラスからもきっと下がる事になるでしょう。
こんなに悪い成績は、ふしぎ子人生初めてです。

何が起こったかといえば、、、
試験会場の外で結婚式の二次会みたいなのを外でやっており、ビンゴカードが足りない人がいて大騒ぎで、まぁうるさくて無理だった。。
とは言ってました。

でもね、いや、みなさんはとれている、でも、アナタは偏差値50以下になるわけですよ。
そして、全てキチンと回答した上でバツをいただいているわけなので、さらに深刻(^_^;)。

どうしましょう!?
早慶などと言っている数字ではありませんね。
あぁ、、どうしよう、、。
と、真っ青になっている所で、
『死ぬわけじゃない。それが実力ってことだろ?』
なひと言。byふしぎ子パパ。

あぁ、そうね、そうよね。
実力が出たのか。私の子だしね。
じゃぁ、ま、ここからやるしかないよね、、。
(グッジョブ! 〉ふしぎ子パパ)

と、自分を納得させました。


ふしぎ子が帰宅後は、正直に伝えました。

あまりの成績に、母、うろたえた事。
でも、それは悪ではなく、これが実力だって事。
塾のクラスが落ちてしまうかもって事。
でもさ、ヤケになる必要はないよって事。
まず、分析をしないとね、って事。

さすがの、のんびりふしぎ子も、青ざめていました。
ですが、わりとすぐ立ち直れました。
それは、
期末テストの結果が、6割戻ってきまして、まぁ100点はなかったのですが、学年1位をいくつかで取り、ほぼ併願優遇校の規定には届きそう!な手応えだからです。
ふぅ、良かった。

ですが今この時点で、偏差値40台女子が、ここからどこまでやれるかです。

あぁ、もう!
試験は水ものを、早めに体験させていただき、冷や水を浴びました。
今日はね、゛いいふろ(1126)゛な日だそう。

まだ残っているモヤモヤな心配を、お風呂で洗い流してきます!


最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!

個人面談 ~受験スケジュール~

最近は、私のようなプログラムなど組んだ事のない者でもRPAと言って、業務の自動化が出来たりするんですね。
例えば、Excelからいちいちコピーして、あるフォーマットにペーストしていたような作業もですね、仕込めば、マイロボットちゃんが、やっといてくれるわけです。なんてステキ!
受験もこんな風に自動化が進めば、色々変わってくるかもしれませんね。


先日、昼休みに塾の先生と個人面談をしました。
もうこの時期ですので、受験校とスケジュールの組み方についてのお話でした。
ウチの場合は受験校が少ないので、せめてもう1校受験したらどうか、と。
示された学校は、第一志望校より更に高みにある学校で、やはり塾は強気なのかな、、と感じました。

お話の中で、今年ほど受験生の動向が読みにくい年はないそうです。
そりゃあそうでしょうね。。
不透明な中、安定志向は強まりそうなので、ここは一つ強気受験をしてみれば?との事なのでしょう。
その高みにある学校へ、たとえ本人が行かなくても、高校受験時に合格実績を持つことは、違う高校に行き、大学受験をする時に力になる、と話されていました。
なるほど~。
しかし、反対に残念な傷を負う事もあるわけですが、挑戦しなかった事を悔やむよりいい、と。

事前受験、つまり受験の本番練習について伺ったら、その子の性格によるけれど、先生が感じているのは、男子はナイーブなので、なるべく練習した方が良く、一方女子はわりと図太い所があり、ぶっつけ本番でも大丈夫と。

それ、ママ友達からも同じように聞いた事があります。まだまだやんちゃ感はあるけれど、体はぐんぐん成長中の中坊ってば繊細なのね。
キュンです。(*^_^*)

受験スケジュールも、その子ならではのスケジュールを組む必要なのだなぁ、としみじみ感じました。

で、本人に面談の結果を話してみました。
が、期末テストが終わったばかりでヘラヘラ~っとしており、全く耳に入っていない様子。(^_^;)
右から左に、私の言葉が流れ出ているのが、見えます、見えます、、。

帰宅後は机の前には座らず、音楽をガンガン聞いており、今日は受験勉強もお休みかな。
まぁ、明日からスパートをかけて貰う為にも、母も目をつぶっています。
内申の結果は、12月に入ってから分かります。
その結果次第でまた志望校練り直しにならなければ良いな~。

今週末は何度もトライし、キャンセルが出た瞬間を捉え、やっと訪問型の説明会の席をゲットしました!
ちょっと遠い学校なのですが、気に入っている学校なので楽しみです。
これが最後の学校見学になるかな~。

それとは別に期末の結果が、今日あたりから戻ってきます。こちらはドキドキ~。。


最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回! 

初めての5教科受験

コロナ罹患者が増え、もうずっと大変モードが続いているのでヘトヘトだろうな、、な医療従事者の方々。
その方々のお手を煩わせるのが申し訳なく、でも検査でひっかかってしまい、大学病院に検査に行ってきました。

結果を聞くために、ドクターの診察室前で順番を待っている間、ドキドキしました。
合格発表の時の当人達もこんな気持ちなんでしょうかね。

マイナスな事ばかり考えてしまいました。
受験の時に、入院になったらどうしよう。
手術になったらどうしよう。
手術しにくい位置と言われてたので、手術が上手くいかなかったらどうしよう。
私がいなくなったら、あの子は一人でやっていけるんだろうか。
などなどなど。。

結果、腫瘍マーカーは異常なし!
もぅ!笑っちゃいます、気の小さな自分。
無事だったので、受験の話に戻します。(枕が長くてスミマセン!こういうのって仕事仲間にも話せなくって。。)

もとい!
学校で受験した初めての5教科の模試が戻ってきました。
戻ってはきたのですが、どこの、なんという模試なのかの記載なし。なぜだろう?

3教科の学年順位があまりよろしくはありませんでした。心配していた理社は7割程度。
都立入試は9割は取ってほしい、と担任の先生から言われていたのに7割か~~、と思っていたら、こちらの順位はなかなか良い。
何だろう?勉強してない方が良いってのは。。

でもまぁ、第二志望を都立、つまり5教科受験をするので、少しほっとしました。
理社は、夜寝る前にでも読んだら?と声掛けしていましたが、とてもその余裕はなく。。。
かろうじて、今は期末の準備で、該当する範囲だけはしっかりやっているようです。
理社は、もし第一志望がダメだった時には、都立受験日までの8日間、死に物狂いでやってもらうしかなさそうです。
歴史は大丈夫なので、社会は地理!
理科は忘れている単元を過去問を解きながら、見直し。
それで、約80時間で何とかならないかしら。。
甘いかな~。。

今は期末準備ですが、終わったら、
英語の長文読解の速度を上げるため、毎日2問は必ず読む!
また、数学もまだまだ演習が足りないので、苦手単元を中心に毎日演習する!

をルーチンでやると決めています。
まだ60日はできるので、これをすれば効果はあるはず。

その他に、いよいよ過去問をするので、やはり時間はありません。
時間はないのですが、いつも通り、見た目にはのんびりとお風呂に入り、歌を歌い、睡眠6.5時間は死守、出来れば7時間を確保。
と、まぁ、無理なく淡々と通常運転モードで過ごしています。

気になるのは、こぼれ溢れる量の課題を、こぼれさせておくのがマヒし、平気になってしまっていないかな。
量との付き合い方はなかなか難しいですね。

仕事でもある程度のクオリティーを確保しながら、バリバリ仕事量をこなす人はいて、端から見ていると、やはり何らかのコツがありそうです。
今のうちから、ある程度の量と対峙する事で、自分ならではのノウハウが備わるかもしれません。

いよいよ内申が決まる期末真っ最中。
自分なりのノウハウを掴んで欲しいな、と思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!

落ち込んだ結果 ~早慶ファイナル~

何だか暖かい日が続きます。
そういえば今年は、台風が少ないのかな。。


早慶ファイナルの結果が出ました。
本人が受験後、相当落ち込んでいた、できていない分。
自己採点からはさらに3点低くく、目標からは遥か遠く、前回の早慶オープンよりも順位を落としてしまいました。

恐らくこれが本人の実力なのでしょう。
悪かった結果とはいえ、成績優秀者の真ん中より下あたりに掲載されてしまうでしょう。
名前が出てうれしい!というより、ちょっと恥ずかしい、、な位置。

でも調子が悪くても、この位置にはいれる実力はついてきたって事なんだと思います。
夏休み前までは、成績はもっと上下の振りが激しかったので。
『ファイナル』と名前はついていますが、模試自体は、今週末の駿台模試、毎月受験の(苦手な)アドバンス、学校で受験の模試と5回以上あります。


落ち込んでいる子に言ってやりました。
たかだか模試。
落ち込んでいる暇があれば、間違えた所を完全に自分のモノにし、本番の時に最高の自分を出し切ればいいんだから!と。


でも今はまずは期末テストで結果を出すことです!
3連休中には駿台模試も挟みますが、もう模試の準備はしないで、今の自分の実力を出し切る、取れる問題を、何とか正答する事を目指して欲しいです。
どの模試も10~30点を落としているので、これらが取れてくれば、光は見えてくる!と確信しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!

受けて立つ、高校受験。

そろそろどこの学校でも、最終志望校調査書を書く頃ではないでしょうか。

ふしぎ子の学校では、特に男子に推薦受験希望の子が多いそうです。
これは今年の特徴になりそうです。
コロナ禍で勉強不足、説明会もなく情報不足の中、安定思考が働き、早く決めてしまおうとする心理らしいです。
この子達は、今月末の期末を終え、12月の内申が出た時点で高校受験は終わるのでしょうね。

推薦の中でも人気は、附属大学がある学校だそうです。
でもそうすると、その子は一度も受験を体験しないで学生生活を過ごすわけですね。
受験に否定的なご家庭なのかもしれません。
受験勉強って片寄っていますものね。勉強はしているんだけれど、いわゆる゙学問゙とは違う気がします。


ウチ、ふしぎ子家庭では、受験は学生のうちに一度は体験しておくもの、と考えています。
だって、受験でもないと、死ぬ気で覚えないし、基礎部分はある程度覚えていないと、学問の入口に立てないと考えているから。

クラスメイトの男子で、推薦受験する高校を自分で見つけてきて、既に高校の校長先生との親子面談も終えてる子がいます。
彼は趣味がありその部活に入りたいが、高校と大学がつながっているので、大学生と一緒に部活が出来るそうで、より高度な部活内容になるのが一番の決め手だそうです。
彼の実力からすると、推薦でなくても一発合格でしょうし、頑張れば都立トップクラスも狙えるのでは?な子ですが、都立では大学生と一緒の部活動は、難しいですものね。
さらに、ランクを落とした理由は、高校ではトップクラスにいて、その附属大学ではなく、推薦で別の大学を狙うそうです。
なんと!
あくせくと受験勉強をしている横にそんな選択をする子がいたとは!!
好きなものがあるって強いな、と思わされました。
彼なら、趣味を軸にどこでもやっていけるでしょう。


一方、ふんわりふしぎ子。
出来れば、図書室じゃなく図書館で、蔵書の多い学校がいいな~、、って程度の志望観点の子には、強制的に基礎を勉強させる機会が必要です。
基礎力を見るならば、中学生までの義務教育の内容が試される、高校受験だと思ったのです。

なので、ウチの場合、たとえ東京では女子の受験する学校が少なかろうが、受験する時期として、まだひ弱な小学6年生ではなく、体力もしっかりついた15歳の今がベストである、と考えました。
ふしぎ子本人も、ウチはそ~ゆ~両親だからな~と、推薦受験は始めから頭にはなかったようで、周りはどうであれ自分は、高校は自分の実力で受験しなければならない、と覚悟をしていたようです。

でも、高校受験の受験生諸君。
これってなかなかステキな事ではありませんか?
自分が頑張った分だけ、好きな高校に行けるわけです。
頑張ったけれど叶わなかった、な事も起こりうるでしょう。でも、まだ15歳の挑戦だったわけで、リベンジしようと思えば、大学受験でも、就職時だって出来るわけです。
義務教育では、親にがんじがらめのキミ達ですが、高校選択の時からは少し自由枠が広がり、いよいよ自分の人生を始める入口に立つわけです。
そう思うと、受験ってのも苦しく辛いだけのものではなくなりませんか?

志望校は、親に言われたまま決めるのではなく、また偏差値に惑わされるのでもなく、自分が納得して決めよう!

そんな事言われたって、やりたい事ね~し、どんな学校なんだか説明会だけでは本当の事はわからね~しな子は、先生や両親から進められた学校に乗っかってみるのも良いでしょう。
但し、乗っかる!と決めるのは自分。
最終志望校を決めるのは自分自身で、受かっても、落ちても自分で責任を負うんです。
だって自分の人生だから。

でも稼ぎもない自分は、どう責任をとればいいのか?

それは、ダメだった時に勉強不足を納得し、第二志望の高校で、自分は大人になるまでのあと5年をどうしたいかをじっくり考える覚悟を持つこと、だと考えます。

みんなが頑張り始めたこの時期、偏差値は思うように上がらず、志望校判定も悲惨かもしれません。
でも、挑戦したいなら、すればいい。
挑戦した上で、白黒はっきりつけた上で、次のステップに進めば良いのだと思うのです。
模試結果に自分の人生を決めてもらうのではなく、自分で決めた志望校でありますように。

その点、ふしぎ子は先日の大事な模試の手応えがかなり悪くても、第一志望を挑戦する事に揺らぎはないようです。
義務教育から一歩踏み出そうとしている(もし、踏み出した途端に躓いたとしても!)んだと思います。親はその一歩が本人の意志で踏み出せるよう、そっと見守りたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!

気力が途切れた!

家のリビングの陽だまりに居ると、コロナ禍はどこか遠い世界のよう。。平和です。

木漏れ日がキレイだな~と、呑気にしていた所にピンチです。
昨日の早慶ファイナルの手応えが非常に悪く、その前のアドバンスも非常に悪く、、
で。。。本人の気力がフツッと切れました。


見ていても分かります。

まず、朝起きれない。
来週に始まる期末の準備が出来ていない。
さらに、明日提出しなければならない美術の課題も今日終わりそうにない。
日曜特訓クラスの宿題が出来ていない。
お負けに昨日模試の解き直しも出来ていない。

ま、マズい。
目が泳ぎ始めました。

昨日の模試では、時間との闘いで、焦ってしまい、じっくりと考えれば出来たであろう問題も、慌ててしまい、方向違いの回答で落としてしまった、と、いつもあまり落ち込みませんが、かなり焦りが出てきた様子。

中学生って、…というか人間って、ここまで追い込まれないと気づかないものなんですね。

集中が途切れている子に、まずは午後から始まる講座の宿題が第一。昼食前に済まそう!

と、具体的短期目標を置きました。

まだぼ~っとした表情で、終わったよと言ってきたちょうどその時に、先月受験した駿台の成績表が届きました。
目標に若干届かなかった偏差値についてはWebで見て分かっていました。
志望校判定も、前回の80%だったのが70%に落ちています。
が、中3になると、志望高校の第一志望者、総志望者は何人で、自分はその中の何位なのかという、かなりシビアな数字が出ます。
これが、思っていたより良かった。

ので、少し気持ちが持ち直しました。

受験生は、ナイーブで影響されやすいのだな、とまざまざと見せつけられた一日でした。

部活の試合の時を思い出しました。
技術的には相手に劣ってはいないし、勝っているのに、少し追いつかれると、あれよあれよと自滅するタイプでした。
運動は苦手意識が強いから、と思っていましたが、勉強でも同じで自滅型なのかもしれません。
そんな時のふしぎ子は、
(・_・)
こんな顔になるんです。怖いです。

最終内申が決まる期末や、志望高校を決める材料となる駿台模試が控えている大事な時期に、気力がぷつんと切れた子に何と声をかけたら有効なのか、答えが出ないままです。
とりあえず、母は休日も、例の資格試験の勉強をしていました。
その背中を見せる事で、受験生の励みになればいいな、と。


最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また次回!